在宅ワークで稼ぎたい人は知っておきたい!sohoという働き方

2017/07/04
在宅ワークで稼ぎたい人は知っておきたい!sohoという働き方

パソコンの普及とインターネットが世界に広まり、以前では内職や個人事業位しか在宅での仕事がありませんでしたが、sohoという働き方が確立してきています。パソコンやスマホを使い、インターネットを駆使して自宅で仕事ができる環境が整ってきているのです。そのような在宅ワークは、副業を考えている人や外に働きに出ることが難しい人にとって力になります。それではネットでできるsohoの働き方をご紹介します。

広い意味を持つsohoとは

sohoは『Small Office/Home Office』の略称で、小さなオフィスや自宅でビジネスを行っている事業者を指します。メディアや官公庁などでの定義は定まっていませんが、個人事業主や社員が一人の会社で事業拡大を視野に入れていない事業者を指すことが多いです。

現在はインターネットを使い、企業などから仕事を依頼されて納品する方法や、クラウドソーシングを利用する方法などもsohoのひとつです。揃えておくべき環境は、インターネットに接続できる環境とパソコンやスマートフォン・タブレットがあれば仕事をすることができます。必要なスキルは、パソコンで行える技術があればそれに越したことはありませんが、最低限文字が打てることやワード・エクセルを使えれば仕事がこなせます。初期投資の低さや気軽に始められることが、sohoで考えられる一番のメリットでしょう。

主に一人で仕事をするので、自由に時間を使えるメリットもありますが、自律して効率良く稼いでいく必要があります。自分のスキルによっては、外に稼ぎに出るよりも効率が良い場合もありますし、時間に捉われないので副業や働きにでることができない人におすすめの働き方です。

sohoですぐに収入を得たいなら

sohoですぐに収入を得たいなら

sohoは始めるためのハードルは低いですが、入り口がわかりづらいのも事実でしょう。委託といっても、人脈も無く営業する時間も無ければ仕事はできません。しかしその様な人向けに、営業も必要なく、始めようと思い立ったときに始められるシステムが確立してきています。それはクラウドソーシングという働き方です。クラウドソーシングは不特定多数の人に業務を委託するものです。インターネット上にはさまざまなクラウドソーシングサイトがあり、パソコン作業や営業系などその内容も年々幅広くなってきています。

代表的なクラウドソーシングサイトには、ランサーズ(http://www.lancers.jp/)や、クラウドワークス(https://crowdworks.jp/)などがあります。また、その中でもすぐに始められるのがタスク形式のライティングで、誰にでもできて早く収入に繋がります。タスク形式のライティングとは、数あるテーマの中で自分が書きやすい案件をひとつ選び、仕事をすることで収入を得ます。ひとつから気軽にできるので、時間が無い人でも始めることが可能です。

案件は文字数が決められており、300文字前後の短いものから、10,000文字を超える案件もあります。値段の相場は1文字単価0.1円~1円程度と幅があります。タイピングスピードなどに自信があり、文章を書くことに抵抗がなければおすすめの仕事です。

代表的なタスク形式ライティングのサイトには、サグーワークス(https://works.sagooo.com/)や、shinobiライティング(https://crowd.biz-samurai.com/)などがあります。
パソコンに慣れた人だと、時給換算で1,000円を超える場合もあります。自信が無くても、ある程度の時間制限はありますが、必ずしも1時間以内に書きなさいという仕事ではないので、作業をしながらスキルアップをすることができます。

sohoで仕事をするときに注意する3ポイント

すぐに始めることができるライティング案件ですが、単価の違いや内容によっては割に合わないこともあります。ライティングに限らず、sohoで仕事を行う場合、『自分が得意な分野を見極める』『時給換算』『自己分析』の3つが大切です。幅広いジャンルから仕事を選ぶため、自分が興味を持つ内容や、興味はないけれど情報がたくさんあり書きやすい案件などいろいろです。なかには情報も少なく、文字数を増やすことが難しい仕事もあります。記事の内容を書くのに苦戦したり、時間を使いすぎたりすると、疲労も溜まりますし気力も続きません。できる限り気楽に作業できる案件を選ぶことも大切です。

sohoは収入を得るための仕事なので、自分が行った仕事を時給(1時間辺りいくら稼いだか)に換算する必要があります。時給に換算すると、割の良い仕事を見つけることができ、自分の得意分野を発見することに繋がります。また、仕事を終えた後は自己分析を欠かさないことで今後の能率を上げることができるでしょう。例えば時給に換算した金額が低い場合、自分のスキルが足りないのか、単価が安すぎるのか理由を分析していくと、自分の改善点にたどり着けます。このように、自分である程度の目標に到達させる意識を持てば、在宅ワークで稼いでいくことが楽しくなるでしょう。

sohoで自分に合った働き方を

sohoで自分に合った働き方を

自宅で自由にできるメリットがあるsohoは、時間にとらわれず初期投資も少なくてすむため、副業を考えている方や専業主婦にも始めやすい働き方でしょう。委託で仕事を請け負い、信頼を積み重ねていけば十分な収入を稼ぐこともできます。どうしても、外に仕事に出ることが難しい場合や、身体を動かすのが辛い妊婦さんにもおすすめできる仕事でしょう。
今回ご紹介した参考サイト以外にも、タスク形式ライティングを提供している企業もあるので、自分にあったサイトを探してみてはいかがでしょうか。また、ライティングよりも簡単なデータ入力など、スキルがない方でも働ける仕事もあります。きっと自分にあった仕事が見つかるでしょうから、さまざまな仕事にチャレンジしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事