女性が活躍できる!フリーライターへの道

2017/06/16
女性が活躍できる!フリーライターへの道

書籍や雑誌、インターネットなどのさまざまなジャンルで活躍するライターは、文章を書くのが好きという人に非常に人気が高い職業です。質の高い文章を書くために、ふだんからスキルアップは欠かせませんし、クライアントや取材相手と関わる機会が多いことからコミュニケーション能力も必要です。稼げるようになるにはかなりの努力が必要ですが、自分の文章が掲載されるのは大きなやりがいとなります。実力をつければ、性別に関係なくフリーライターとして活躍できるというメリットもあります。そんなライターの仕事について詳しくみていきます。

ライターの仕事とは

ライターの仕事は、取材やインタビュー、資料収集をして、雑誌やWebサイトなどに記事を書くことです。はじめは出版社や編集プロダクションなどに正社員として所属することが多いですが、最近ではクラウドソーシングを利用して副業でライターを始めた人が本業としてフリーライターに転身することも増えてきています。基本的に、編集者から企画を持ちかけられて、方向性を確認したうえで執筆します。

ライターの書く内容は、掲載する媒体によってさまざまな種類があります。芸能、スポーツ、家電、自動車、バイク、旅行、美容など、ライターによって得意分野があります。ライターは、ただ文章を書くだけが仕事ではありません。記事作成のために関係者から話を聞いたり、写真を撮ったりすることもあります。ときには資料収集のために泊まりがけで出張に行く場合もあります。

ベテランのライターの中には、記事作成だけではなく、文字と写真のレイアウトもこなして、依頼されたページをひとりで仕上げる人もいます。ひとくちにライターの仕事といっても、いろいろな作業があるのです。Webライターは、ホームページやメールマガジンに記事を提供します。コピーライターは、企業の広告のためにキャッチコピーを考えます。ほかにもスポーツライターやグルメライターなど多種多彩です。

ライターに求められる資質について

ライターに求められる資質について

ライターは文章を作成することが仕事ですので、書くことが好きであることが第一条件といえるでしょう。お金をもらえるレベルの文章を書かなければいけませんから、文章の質を上げるために読書の習慣は欠かせません。読書を通して語彙力を身につけたり、文章の構成を学んだりすることができるからです。

また、記事作成には締め切りがつきものです。仕事をしていて、必要な資料が思い通りに集まらない、文章のネタが思いつかないなどの理由で執筆が遅れがちになることは少なくありません。なんとか締め切りに間に合ってクライアントに納品しても、あとから修正依頼が入ることも珍しくありません。クライアントによっては、ほぼすべて書き直してほしいなどの厳しい要求をしてくるところもありますが、そのような依頼にも誠実に対応する必要があります。根気と体力が求められる仕事ですので、肉体的・精神的にタフであることがライターに望ましいでしょう。

ライターの書く文章は小説と違い、自分の個性やオリジナリティを求められていません。記事はあくまでクライアントのものですので、クライアントが満足する記事、すなわち読者が喜ぶ記事を心がけることが大事なのです。自分はあくまで黒子に徹して、読者が望む記事を読みやすい文章で作成することがライターに求められています。

フリーライターへステップアップ!

フリーライターへステップアップ!

ライターの世界は男性だけではなく、女性も多く活躍していることが珍しくありません。ルポライターやコラムニストなどの仕事をするうえで性差がないことは、フリーで働きたいという女性にとって絶好の場といえるでしょう。執筆に必要な取材でインタビューを行うときでも、男性ライターよりも女性ライターのほうが安心感を持たれて、取材相手が心を打ち解けて話しやすくなることもあるようです。

ライターの仕事は在宅でもできますので、妊娠・出産などのライフイベントに合わせて働き方を変える必要性が出てきても続けやすく、特にウェブライターの仕事は下調べから執筆、納品まで自宅のパソコンだけで完結できるので、専業主婦からフリーライターに転身しやすいというメリットがあります。

フリーライターになれば定年がないため、自分の都合に合わせて細く長く仕事を続けていくことができます。男性ライターが苦手な美容やエステ関連などの分野は、女性ライターが活躍できる場となっています。女性読者向けの記事はニーズが絶えないため、女性ライターの存在はますます大きなものになっていくでしょう。

女性ライターも大活躍!

女性ライターも大活躍!

ライターの仕事は文章を作成するというシンプルな作業ですので、パソコン1台あれば、場所を選ばず誰にでもできる職業となっています。しかし、文章作成のための下調べは必ず行わなければなりません。必要に応じて取材に出かけてインタビューを行うこともあるため、コミュニケーション能力に長けていることも大切な資質です。ふだんから読書などを通して文章力の向上に努めることも欠かせません。

出版社などで経験を積めば、独立してフリーライターとなることができますが、自分から仕事を取りに行かなくてはならないため、営業力も必要となってきます。Web上に執筆する仕事は数多くあるため、副業としてライターを始める女性が増えています。テーマが多岐にわたるライターの仕事は、女性が活躍できる場をさらに広げてくれるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事