主婦はこうして在宅ワークの時間を作る!ライティングのお仕事編

2017/07/12
主婦はこうして在宅ワークの時間を作る

「毎日の家事や育児の合間に、収入になるほど働く時間が取れるかな……」と思っていませんか?休みのない主婦業に負担が増えたら困りますね。そんな主婦の方が無理なく在宅ワークで働くための、仕事時間の作り方とコツをご紹介します。

集中して無理なく上手な文章を書く

毎日の家事といっても掃除に洗濯、買い物や毎度の食事の支度などをしていると、アッという間に時間が経ってしまうものです。そんな忙しい主婦の方にとっては、どんなタイミングで仕事をする時間を作るのかというのがポイントになります。好きな時間や空いた時間にできる在宅ワークですが、無理なく働くためには、大きく分けて2つの時間の作り方があります。

1つは1日のうちのどこかでまとまった時間を取る働き方で、例えば夕飯の下ごしらえを早めにしておいて夕方2時間、夜に家事がほとんど終わってから1時間、など集中して仕事をする時間を作るという方法です。これは作業をできるだけ中断しないことで、ライターとして間違いを起こしにくくし、まとまりのある文章をじょうずに書くという効果もあります。ある程度、文字数が多い文章を書くときには、数日に分けて仕事をすることおすすめします。その際に、中途半端なところで切らずに1日1段落ずつ書くことが、主婦が無理なく仕事をしながら、上手な文章を作るコツです。

小刻みな仕事で飽きずに続ける

主婦が無理なく在宅ワークで働くための、もう1つの時間の作り方は、小刻みに仕事時間を取るという方法です。パートに行く場合は、拘束時間のほかに通勤時間、出勤準備の時間も必要ですが、在宅ワークの場合はネット環境の整ったパソコンがあればいつでも仕事ができます。専門的な知識がなくても書ける案件も豊富なため、洗濯機が止まるまで少し、料理が煮えるまでのあいだ、子どもが昼寝をした隙にと、ちょっとした時間に短時間でできる仕事をすることで、無理なく在宅ワークができるのです。特に、続けられるか不安がある人などは、このように小刻みに仕事をするほうが自由度も高いので、飽きずに続けられるコツでもあります。

人によって1日に書ける文字数に差はありますが、ライター初心者であれば、初めはそのように簡単なアンケートなどからはじめて、慣れてきたら簡単なテキスト作成と収入を増やしていくのがおすすめです。

自分の1日の過ごし方に合わせて働く

主婦も人によって1日の時間の過ごし方はいろいろあります。買い物に毎日行くかそうでないか、子どもの有無やその年齢によっても時間の使い方は左右されますし、起きてから寝るまで主婦の仕事は休みがありません。在宅ワークでせっかく収入になっても、負担になって身体を壊したりしては大変です。

好きな時間に働くことができる在宅ワークなら、自分のライフスタイルに合わせて収入を得られます。もちろん自宅で家事や育児をしながら仕事ができますので、メイクをしたり着替えたりする必要もありません。自分の1日の過ごし方だと、どのようなタイミングで在宅ワークをすると無理がないか、仕事時間の作り方とおすすめの方法を参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事