それなりの準備は必要!?未経験ライターの募集について

2017/08/09
それなりの準備は必要!?未経験ライターの募集について

働いて収入を得たいけれど、なかなか自分の生活スタイルに合った仕事が見つからないというケースがあります。子育てや家事に追われてまとまった時間が取れず、アルバイトやパートに出られない主婦などがこれに当てはまるでしょう。そうした状況に置かれた方々でも始めやすいのが在宅ワークです。

特にライターの仕事は未経験者歓迎の募集が多く、短時間でコツコツ稼ぐこともできるので、忙しい方にも向いていると言えるでしょう。ただし未経験者歓迎とはいえ、仕事を始める上である程度の準備は必要です。

ライター系の在宅ワークに求められるスキルとは?

ライター系の在宅ワークを始める手順としては、在宅ワーク紹介サイトやアウトソーシングサイトに登録し、依頼案件の一覧から案件を選んで受注するのが一般的です。特別な資格や経験を要求されないライター系の仕事は基本的に誰にでもできるものが多く、案件数も豊富な傾向にあります。けれども、報酬が発生する仕事である以上、最低限のスキルや知識は必要となります。

ライター系の仕事で求められるのは、正しい日本語を書ける国語力や文章力です。「てにをは」と呼ばれる助詞・助動詞の用法や、話の流れや前後関係に矛盾がないスムーズな文章の作り方などが理解できていなければ、記事を執筆して報酬を受け取るライターの仕事はできません。「てにをは」の使い方や文章の作り方に自信がないという方は、エッセイや小説、雑誌やネット上の記事などを読み込んで勉強しておくといいでしょう。ただライター系の記事で求められるのは誰にでも読みやすい平易な文章ですから、それほど難しく考える必要はありません。同じ語句や接続詞や文末表現の繰り返しに注意すれば、問題なく記事を作成できるでしょう。

また、記事に有用な情報を集める情報収集能力や、集めた情報を違和感なく記事に組み込める編集能力等のスキルも要求されます。そのため、自分でテーマを決めて記事を執筆するなどして、何度か記事作成の練習を重ねてから実際の案件に臨むのもいいでしょう。

初心者におすすめの案件

初心者におすすめの案件

ライター系在宅ワーク初心者は、執筆や記事作成に慣れるという意味でも「アンケート回答」や「口コミ」や「短文案件」などの簡単な案件から始めるのがいいでしょう。「アンケート回答」は指定されたアンケートに答え、回答理由などを記述する仕事です。自分の思ったままに答えればいいので難易度は低く、短時間で終わるものが多いでしょう。ただし、単価が安いので、まとまった収入を得るには案件をいくつもこなさなければいけません。真面目にアンケートに回答できる方や、こまめにコツコツと続けられる方に向いている仕事です。

「口コミ」は指定された店舗や商品の評判について執筆する案件です。自分の意見を主観的に書けるので文章を作りやすいですし、実際に体験したことがあればその経験談を記事にすればいいので内容も充実します。しかし、いくら自分の気持ちや経験談といっても、いざ文章にするとなると最低限の文章スキルが求められるので注意が必要です。

「短文案件」は文字数の少ない短文記事を作成する仕事です。コラムや説明文といった本格的な記事を書く案件で、そのほとんどで客観表現による執筆が要求されます。自分の視点で書けない客観表現は難易度が高く、ライター系在宅ワーク初心者が最初にぶつかる壁だと言えるのではないでしょうか。スキルアップを目指している方であれば、他のライターが書いた記事などを参考にしながら取り組んでみるといいでしょう。文字数が少ないので、あまり記事編集能力は問われません。

ライターの仕事に慣れてきた方への案件

ライターの仕事に慣れてきた方への案件<複数の案件をこなしてライター系在宅ワークに慣れてきたという方は、単価が高めで報酬の多い「テープ起こし」や「長文案件」などの仕事に挑戦してみましょう。ただし、これらの仕事は単価が高い分、難易度も上がります。「テープ起こし」とは、音声データや動画データに記録されている言葉のやり取りや説明などを文章として書き起こす作業のことを指します。文字に起こす対象は会議や講演会、学会やインタビューなどで発せられた音声です。

聞こえてくる言葉を規定に従って読みやすい文章に調整しなければならず、また、正しい日本語や漢字に変換しなければいけないので、それなりの国語力や語彙力が求められます。それから録音状況が悪かったり、複数の人間が同時に喋っていたりすることもあるので、聞き取るのに手間取るケースもあるでしょう。医学や科学関連の学会であれば聞き慣れない用語が飛び交いますし、ビジネス会議では英語のビジネス用語が使用されることもありますから、専門的な知識も必要となります。そして、聞き取った言葉を素早く文章にするタイピングの速度も要求されるでしょう。

「長文案件」は文字数が多めのコラムや説明文を執筆する仕事です。文字数が多くなったことでより幅広い知識が求められるようになり、文章全体の構成を考えるのが難しくなっています。加えて、文章が長くなることで、同じ語句や接続詞等を繰り返し使用してしまう危険性が高まります。さらに作業時間も長くなるため、集中力を維持するのが困難になるでしょう。けれども、それらのハードルをクリアして案件を完了させれば高額の報酬が期待できるので、多いにやり甲斐はあります。

ライター系の案件は努力次第!

文章を執筆することで報酬が発生するライターの仕事は国語力や語彙力が求められますが、そうしたスキルは習得するのに特殊な才能は必要なく、努力次第で誰にでも身につけられる能力です。そのため、未経験者でも高額な報酬を目指せる仕事だと言えるでしょう。またどうしても文章を書くのが苦手という方であっても「アンケート回答」や「口コミ」といった案件の執筆を積み重ねることで収入を得られるのがライター系在宅ワークの魅力でもあります。

ちょっと手が空いた時間にお小遣い稼ぎがしたい方や、家にいながらしっかりと稼ぎたいという方は、一度ライター系在宅ワークを試してみてはいかがでしょうか。自分の書きやすいジャンルの案件を見つけることで、予想以上の収入を手にすることも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事