在宅でもできる?ライターの求人を見つける方法

2017/08/10
在宅でもできる?ライターの求人を見つけるには?

時間に拘束されにくい仕事のひとつにライターがあります。文章を書くことが得意な人であれば可能な職業です。以前は出版社などに勤務するイメージがありましたが、求められるメディアに変化がみられ、柔軟な働き方ができるようになっています。求人や仕事の傾向を知り、自分に合ったライターの仕事を始めてみましょう。

ライター向いている人とは?仕事の傾向と適性を知ろう

雑誌やフリーペーパーなど紙媒体を中心にした記事執筆の仕事ももちろん需要がありますが、近年増えているのがWEBを中心としたものです。スマホが普及したことでさらに変化がみられ、改行や画像の使い方などパソコンよりスマホで読みやすい作りや書き方を意識したものも多くなっています。しかし、スマホに対応するものが増えても、WEBライターとして仕事をする場合にはパソコンでの作業が主流です。

仕事の内容によっては、ワードやエクセルといったソフトが使用できることが好ましいですが、用意できない場合や使えない人でも可能な仕事はあります。執筆の内容については、募集しているところによってさまざまなものになります。ファッションやペット、インテリアなど趣味や生活に沿ったものから、グルメに旅行、医療関係や介護に法律、社会問題など多岐に渡りますが、専門知識を持たない人でもできるのが特徴のひとつです。それによって、WEBライターの場合はひとつのジャンルに絞らずにマルチに活躍する人も多いようです。専門知識が豊富なことももちろん有利ですが、文章を書くことが得意な上に好奇心旺盛で調べる作業が好きな人はライターに向いているといえそうです。

ライターの求人募集の探し方は?

>ライターの求人募集の探し方は?

ライターといってもその仕事内容はいくつかに分かれます。出版社に勤務して一定の給与を得ながら雑誌などの記事を執筆する仕事もあれば、ソーシャルメディアに登録し、まとめ記事やコラムを執筆してアクセス数などに応じた報酬を得る仕事もあります。在宅契約をして専属で仕事を請けるライターもいます。出版社勤務のライターを目指すには、求人を募集しているところを探すのが一般的な方法です。求人募集の探し方はネットで検索すると直接出版社が探し出せることもありますが、転職サイトで扱っているところも多く、就職サポートなどメリットも多いのが特徴です。

また、自由に空き時間を利用したい人には、クラウドソーシングに登録して自分のペースで書くという方法もあります。ライター経験が浅い人なら、自分の得意分野を絞る方が安定して書きやすいかもしれません。特に専属の場合はそこの業務に沿った記事を書くことが求められるため、専門知識が必要になります。記事に盛り込む細かい部分や最新の情報をその都度調べることは当然ですが、基本的な知識を有している方が採用されやすい傾向はあります。自分のスキルに合わせて選ぶのも採用されやすいポイントです。

未経験からでもできる?スキルを積むなら?

経験はなくても、文章を書くのが得意ならゼロからライターを目指すのもおすすめです。誤字脱字が多過ぎる人や日本語として成立しにくい文章の場合は難しいですが、未経験でも可能なところが多く、初心者から始めてスキルを積む人もたくさんいます。在宅ライターでも未経験から募集しているところもあります。

しかし、可能と謳っているところでも未経験のうちはレギュレーションに沿って書くことに慣れる必要があるため、できるだけ自分が得意なものか簡単な記事から始めましょう。収入に繋げることは大切ですが、まずは仕事として自分のものにしていくことを考えるのが先決です。専属で募集しているところに応募するのもいいですし、クラウドソーシングに登録して簡単な記事から始める方法もあります。

いきなり高収入を狙うのは難しいので、始めは低い単価でも収入を得ながら勉強をするという気持ちで取り組むと、知らないうちに力がついてきます。記事が上手になってきたと感じたら、少しレベルの高いところに応募したり、難しい記事に挑戦したりしながらスキルアップを図りましょう。個人差はありますが、さまざまな人が読みやすい文章が書けるようになってくると収入も伴ってきます。

ライターなら在宅でも仕事が可能

ライターなら在宅でも仕事が可能

生活形態や働き方が多様化している現代では、時間に拘束されないだけでなく通勤する必要のない仕事を求める人が多くなっています。従来のように仕事イコール就職という枠にとらわれずに自由に収入を得るには、在宅ライターという仕事は時代に合った職業であり働き方ではないでしょうか。未経験から可能なところも多いので、本業が空いた時間や余暇を利用して始めるのもよい仕事といえます。

書く力を身に付けたい場合や、楽しみながら書いて多少の収入を得たい場合など、自分が求めるスタイルに合ったもので始めやすいというメリットもあります。文章が得意で興味のある人は、WEBを中心としたライターの仕事を在宅で始めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事