毎日の通勤が辛い!そんな人は働き方の見直しを

2017/10/05
毎日の通勤が辛い!そんな人は働き方の見直しを

私たちが生きていくうえで、収入源を得ることは大きな課題になります。そのために、会社勤めをする人も多いのではないでしょうか。しかし、会社勤めをするには労働時間に加えて通勤時間を考える必要性がでてきます。その結果、体力の消耗は避けられないかもしれません。

そのような状態に陥らないために、これまでの経験を活かして独立するほか、在宅ワークを始める方法が注目されています。そうすることで、通勤にともなう肉体的・精神的ストレスから解放されるのではないでしょうか。ここでは、毎日の通勤が辛い人におすすめしたい、働き方の見直し方法についてまとめました。

毎日の通勤を辛いと感じる人とは

毎日の通勤を辛いと感じる人とは

8時間労働で単純計算すると、1日のうち3分の1は仕事をしていることになります。仕事をする大きな目的として、「収入を得ること」は偽らざる気持ちでしょう。そのためには、仕事上の問題には多少の我慢が求められます。しかし、通勤時間も含めると、1日のうちで仕事に拘束される時間が大きいことを知る必要があります。また、心身の両面にストレスを感じるリスクも見逃せないのではないでしょうか。

自宅からの通勤時間が長時間に及ぶと体への負担も増えます。特に、仕事の始業時間は企業間による大差がありません。そのため、多くの人と出勤時間がかぶるので混雑し、電車やバスなど公共交通機関での通勤には大変な労力をともないます。また、豪雨や雪などの悪天候や、なんらかの事故の影響により電車が遅れることも少なくありません。そうした場合、人が駅のホームを埋め尽くし、身動きができない状態にもなるのです。そのほか、車で通勤する場合でも、道路が混むと思うように走れないため、出勤時間に遅れるなどの心配がでてきます。

もちろん、あまり混雑しない路線やルートの人は、通勤が苦痛とは感じないかもしれません。しかし、通勤だけに大きなエネルギーを費やしてしまうと、体力を消耗するだけでなく、精神衛生上にも好ましい状態とはいえなくなります。

通勤時間とストレスの関係はデータにも

通勤時間とストレスの関係はデータにも

毎日の通勤を辛いと感じるかどうかは個々によっても異なります。そのため、通勤に費やす時間だけがすべてではないでしょう。そのうえで、通勤時間とストレスとの関係についても知っておきましょう。

そのひとつ、首都圏などを対象にした「SUUMO通勤時間に関する調査(2015年)」があります。(※1)こちらでは、通勤にかかるストレスは100%中何%かについて「中央値」で表されています。その結果、通勤時間が45分以上になるとストレス度が50.0%を超える人が多いことがわかりました。ちなみに、中央値は平均値とは異なり、データを大きさの順に並べたときに中央に位置する値のことをいいます。データが偶数になる場合は、中央に位置する2つのデータを平均して求めることも知っておきましょう。

また、「総務省統計局」サイト内にある「通勤時間の状況」のデータ(2008年)では、都道県別にみた場合、通勤時間が長いのは東京都とその近隣県だとわかりました。(※2)こちらのほうでは、家計主の通勤時間の「中位数」が表されており、神奈川県:49.4分、千葉県:47.9分、埼玉県:45.7分、東京都:44.0分の順となっています。ちなみに、中位数は中央値と同じ意味があり、それらは「メディアン」とも呼ばれています。

前述した「SUUMO通勤時間に関する調査」では、通勤時間45分以上になるとストレス度が50%を超える人が多いことがわかっています。そのため、後述した「総務省統計局」サイト内にある「通勤時間の状況」のデータの上位にランクインする49.4分や47.9分などの数値と照らし合わせてみると、非常に興味深いものがあります。

さらに、鉄道の混雑率との関係も見逃せません。首都圏における鉄道の混雑率は約200%といわれています。それに関しては「東洋経済ONLINE」で紹介されています。(※3)こちらの記事によると、30年前よりは改善されているとはいえ、厳しい混雑には変わらないといえるようです。ちなみに、2016年度における「鉄道混雑率」の上位3位は、東京メトロ東西線:199%、総武線各駅停車:198%、小田急小田原線:192%となっています。なお、「混雑率200%」とは、体が触れ合い相当圧迫感がありますが、週刊誌がなんとか読める状態です。また、「混雑率100%」は、定員乗車であり、座席に着くか、つり革やドア付近の柱につかまれる状態をいいます。

(※1)「suumoジャーナル」http://suumo.jp/journal/2015/09/24/97853/
(※2)「総務省統計局」http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2008/nihon/4_3.htm
(※3)「東洋経済ONLINE」http://toyokeizai.net/articles/-/183114

ストレスを放置しておくと大変危険

ストレスを放置しておくと大変危険

通勤を辛いと感じる大きな理由として、通勤ラッシュ時に満員電車に乗ることが考えられます。そのときのストレスに関しては、臨戦態勢に入った戦闘機のパイロットと同じとの説があります。また、ジェットコースターに乗ったとき、急降下する直前に感じる緊張感の2倍以上ともいわれており、こちらのほうがよりわかりやすいかもしれません。

このような状態での通勤が毎日続くと、心身への悪影響は避けられません。特に、朝の通勤に満員電車に揺られるだけで相当な体力を消耗することが連想されます。そのため、仕事を始めるのには大変な困難をともないます。帰宅時間のほうは多少バラツキがあるので、満員電車を避けられるかもしれません。しかし、残業を終えてからの帰宅は体力的にもかなり辛いのではないでしょうか。

出勤途中のトラブルとして腹痛が挙げられますが、休日明けの月曜日にそのような症状が起きる人も少なくないようです。月曜日には、なかなか起きられない、気分が重くなるといった「ブルーマンデー症候群」があり、ストレスとの関係も大きいといわれています。心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な症状だけでなく、自殺者が多いのも月曜日という説があります。さらに、日曜時の夕方になると気分が重くなる「サザエさん症候群」の存在も見逃すことができません。

働き方を変えることも

働き方を変えることも

「サザエさん症候群」や「ブルーマンデー症候群」を感じたときは、我慢しないで早めに対策を行うことが大切です。そのためには、自分を取り巻く環境について客観的に考えることをおすすめします。

毎日の通勤が心身ともに辛いと感じるときは、通勤ラッシュ時を避けて早めに家を出る方法があります。しかし、睡眠不足になるなどのデメリットもあるため、ずっと続けるのは困難かもしれません。フレックスタイムを採用している職場なら、こちらの制度を利用する方法もあります。経済的に許される場合は、職場の近くに引っ越すことも選択肢の1つではないでしょうか。

もし、通勤方法を変えられない場合は、通勤にストレスを感じない勤務先に転職することも考えましょう。そうすることで、通勤にともなうストレスが解消されます。

在宅ワークを選ぶメリット

在宅ワークを選ぶメリット

転職先として、在宅勤務が可能な仕事を探す方法があります。また、自分で仕事を始める方法も注目されています。インターネットの普及により、いつでも、どこでも仕事ができることが大きなメリットです。在宅で仕事をするため、通勤に辛い思いをしなくてもすむでしょう。帰宅後に家事が控えていると気分が重くなりますが、在宅ワークを選ぶことで体力の消耗を防ぐことにも役立ちます。特に、共働きをしている家庭にとって、夫婦のどちらかが在宅ワークを選ぶメリットは大きいのではないでしょうか。

家事や育児を夫婦で分担する時代になり、家庭内のことに積極的な男性も増えています。しかし、妊娠や出産の大役を担うのは女性です。大きいお腹を抱えながらの通勤は、女性にとっては大きな負担になります。産休や育休が明けてから職場に復帰したいと願っていても、子どもが保育所に入れないケースも少なくありません。しかし、在宅ワークをすることで、子育てとの両立も可能になります。

このように、在宅ワークにはいろいろな面でメリットを感じられるでしょう。なかでもやはり、満員電車に揺られたり、交通渋滞に巻き込まれたりしながら通勤しなくてもよい点が大きいのではないでしょうか。また、職場まで往復していた時間を自己啓発のために活用するなど、貴重な時間の有効活用も期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事