楽な仕事はこんなにあった!精神的にリラックスして働ける職場いろいろ

2017/10/05
楽な仕事はこんなにあった!精神的にリラックスして働ける職場いろいろ

「楽な仕事はない」と世間では言われているように、お金を稼ぐのは頭も体力も使う作業です。しかし、精神的にリラックスして過ごせるなら、世間がどう言おうと本人にとっては「楽な仕事」と感じられるでしょう。そして、どうせなら楽な仕事を続けながら穏やかな気持ちで収入を得たいものです。少し視野を広げると、日本には楽な仕事がいたるところで見つかります。ここでは、働く人のタイプ別に「楽な仕事」を分類していきましょう。

図書館司書は競争を好まない人にとっての楽な仕事

図書館司書は競争を好まない人にとっての楽な仕事

「好きなことしかやりたくない」という人にとって、社会は「苦しい仕事」であふれているといえるでしょう。仕事とは嫌なことをしてお金を稼ぐ場所だとあきらめる前に、「好き」を仕事にできないか考えてみるのがおすすめです。

たとえば、本が好きな人は図書館司書という道があります。図書館司書は資格こそ必要ですが、通信過程でも取得可能ですし、アルバイトや他の仕事を続けながら勉強できます。そして、晴れて取得してから図書館への転職活動を始めてみてもいいでしょう。司書になると図書館以外にも書店や研究所など書籍を扱う仕事への就職率が高まるメリットがあります。

図書館司書は勤続年数を重ねても出世ができるとは限りませんし、ボーナスも大きくは見込めません。キャリア志向が強い社会人には不向きの仕事ではあります。しかし、ある程度の安定した収入を得ながら、大好きな本に囲まれて暮らしたい人にはぴったりです。また、几帳面で黙々とした作業にやりがいを見出せる人にも楽しい職場となるでしょう。

図書館は店舗とは違い、貸出件数の増減で司書が評価される職場ではありません。ノルマから解放され、誰かと競争することなく過ごせます。また、館内情報誌などでおすすめの本を紹介するなど、知識を活かせる場面も数多いでしょう。社会人特有のしがらみやストレスを避けたい人が居場所を見出しやすい仕事です。

ルーチンワークが楽な仕事である理由

ルーチンワークが楽な仕事である理由

ライン作業の工場、清掃員などのルーチンワークをつらいと思う人もいます。一部の人にとってルーチンワークは厳しい仕事内容です。私語はほとんどできませんし、同じ姿勢を保たなくてはいけないので肉体的にも消耗します。毎日、作業内容が変わらないのでやりがいも見出せません。しかし、これらのデメリットをむしろメリットに感じ、楽な仕事として受け入れている人々もいるのです。

「私語ができない」のは余計なコミュニケーションを回避できることを意味します。全ての人間が職場の人と深く関わりたいわけではありません。内気な人や口下手な人にとってはコミュニケーションを苦痛に感じるときも多いでしょう。黙って長時間の作業に打ち込めるルーチンワークは彼らにとって安らげる場所なのです。

体力に自信がある人は同じ姿勢や動作を続ける作業もあまり気になりません。そして、「仕事内容が変わらない」のも精神的に楽です。毎日のように変化を伴う仕事よりも、変わらない仕事を続けて技術を磨きたい人は少なくないでしょう。また、いろいろな仕事を同時進行で考えるのが苦手でも、一つの仕事に集中できる環境なら力を発揮できる人材もいます。さらに、ルーチンワークは往々にして出勤時間が計算しやすく、プライベートの予定が立てやすいものです。仕事とプライベートの境界をはっきりさせたい人にはおすすめの現場です。

「忙しくないこと」が楽な仕事の条件なら…

「忙しくないこと」が楽な仕事の条件なら…

「きつい仕事」の定義はさまざまですが、何よりも「忙しいこと」を「きつい」と感じる社会人は多いでしょう。特に、日本社会では残業や休日出勤がたびたび問題に上がっています。給料が良くても、忙しい毎日で心身の健康を損なっては元も子もありません。きつい仕事を避けるには、空き時間が多く暇な職場に就くのが賢明です。

たとえば、警備員の仕事は滅多に重大な局面に遭遇しません。要人の警備などになると話が別ですが、そこまでくると特殊な訓練を積んだベテランに依頼されるので、一般的な警備員は比較的穏やかな現場に配属されるでしょう。ショッピングモールや駐車場の警備などは、経験が少ない警備員でもこなせる環境です。

ビルメンテナンスの仕事もおすすめです。ビルの電気系統を管理したり、不審点を探したりする仕事ですが、大きな問題がない限りは穏やかな時間が流れていきます。会社のサーバー管理者についても、システム変更などがない限りはチェック作業に専念できるので面倒な業務が発生しにくい傾向があります。

マンションやビルの管理人も「楽な仕事」と呼べるでしょう。基本的には入居者やテナントが入っているだけで収入は確保できます。何かトラブルがあったとしても業者を手配すればいいので自ら動く機会はさほど多くありません。

こうした暇な仕事だと、時間が経つのが遅いと感じる人にはきついでしょう。しかし、自宅で趣味や家事に没頭しながら、一定のお金を稼ぎたい人にはぴったりです。

辞めやすい仕事は楽な仕事ともいえる

辞めやすい仕事は楽な仕事ともいえる

多くの職場が「楽な仕事」といえないのは、組織で役割を任される以上、責任が発生するからです。同僚からも顧客からもプレッシャーにさらされ、嫌な仕事でも断れません。そして、「なんとか頑張らないと」と思っているうちに精神をすり切らしてしまう社会人は多いのです。

しかし、職場が退職者に慣れている現場だと、比較的辞めるのは楽になります。もちろん、中途半端に仕事を放り出して引継ぎさえもろくに行わないのはNGです。また、一つの職場で長期的に勤務したい人にはおすすめできません。それでも職場が過度に引き留めてこないような場所なら、「本当にきつくなったら仕事を変えよう」と自分を追い込まずに日々を送れるでしょう。

たとえば、看護師や会社の事務職といった、「女性の仕事」として名前が挙がる機会の多い仕事は「辞めやすくて楽な仕事」といえます。女性が多いと、結婚や出産のタイミングで退職するケースが後を絶ちません。そのため、引継ぎや人材の補充に関して現場にはノウハウが蓄積されています。いわば、中途退職者に対して「慣れっこ」なので、気兼ねなく退職の手続きができるでしょう。

不動産会社などノルマが厳しい営業職なども退職者について寛容です。基本的には「去るものは追わず」の姿勢を貫いている企業が多いので、辞表もスムーズに受け取ってもらえます。仕事内容こそきびしくなりがちですが、「いざとなったら辞めればいい」と思えたなら、思い悩まずに暮らせるでしょう。

在宅ワークはなじみの環境で楽な仕事ができる

在宅ワークはなじみの環境で楽な仕事ができる

自由にできる仕事こそが「楽な仕事」だと思うなら、在宅ワークがおすすめです。クラウドサービスなどWEBメディアの発展により、在宅ワークのハードルは年々低くなりつつあります。特別なキャリアや資格がなくても、本人の意識次第で会社員と同等以上の収入が確保できるようになりました。好きな場所で好きな時間に働ける在宅ワークこそ、精神的な安らぎを見出せる仕事でしょう。

在宅ワークの代表格がWEBライターで、WEBメディア向けにコンテンツとなる記事を執筆する職業です。案件のジャンルは医療系、法律系などの専門的なものから、家事や人間関係を軽い調子でアドバイスするものまでさまざまです。自分に合ったジャンルを見つけ、文章力を磨くと単価も上がるので、悪くない収入も見込めます。

そのほか、デザイナーやコピーライター、インテリアコーディネイターなどの専門職も在宅ワークによりライフスタイルを実現可能です。クライアントとの打ち合わせなどのわずかな例外をのぞけば、専門職は組織に属する必然性が少ない職業です。それどころか、フリーランスに転向してより大きな案件を獲得できる人もいるでしょう。

在宅ワークは、いつ仕事を始めていつ終えても文句を言われないメリットがあります。自己管理が苦手な人には向かないかもしれませんが、うるさい上司も足を引っ張る部下もいません。組織のわずらわしさに疲れたなら、在宅ワークへの転向を考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事