1度入社した会社には最低何年ぐらい勤めるべき?

2017/10/21
1度入社した会社には最低何年ぐらい勤めるべき?

一昔前は、一度入った会社で定年まで勤め上げる終身雇用が普通でした。しかし、さまざまな理由から転職する機会も増えてきました。ただ、転職するとしても、入った会社をあっという間に辞めてしまうのでは単なるマイナス要素になってしまいますよね。

世間の社会人達は、ひとつの会社にどの程度勤めるべきだと考えているのでしょうか?今回は、ひとつの会社に勤める年数として妥当なのは何年くらいかについて、アンケートをとってみました。

1つの会社に勤める年数は何年くらいが妥当だと思いますか?

1つの会社に勤める年数は何年くらいが妥当だと思いますか?

意外に堅実?「10年以上」という回答が最多!

アンケートの結果、10年以上勤めるのが妥当と回答した人が半数近くにのぼりました。

  • 10年位は勤めなければ、スキルも身に付かないし、転職の際にアイテムが無いので。(60代/男性/経営者/独身)
  • 私自身の経験ですが、一つのことを知るには、10年は必要かと思います。後は本人がいろいろ選択したほうが、成長できるのではないかと。(60代/女性/パート・アルバイト/既婚)
  • 可能なら終身雇用が一番だと思います。3年や5年で会社に多大な貢献ができるような、スピード出世する人材はそうそういません。今は会社のほうが10年以上雇用することに消極的な印象を持ちます。(40代/男性/個人事業主/既婚)
  • まず家族の生活のため給与や年金のことなどを考えます。会社のリストラや倒産などで転職をしなくてはならない場合もありますが、やはり一つの会社で定年までというのが理想です。(50代/女性/正社員/既婚)

10年と答えた人からは、10年くらい働かなければ仕事が身に付かない、10年以上が妥当というより理想であるという意見が出ています。10年働いて一人前であるという意見からは、実際にそれだけの年数を勤めた人のプロ意識が感じられます。また、多くの人が転職に積極的ではなく、自分に合ったよい仕事環境で定年まで働けるならそれが一番良いと考えていることがわかります。

10年の次点は5年!仕事を身につけるには年数が必要!

アンケートの結果、2番目に多かった回答は5年、次が3年、そして1年と回答した人が最も少ないと言う結果になりました。

  • 最低6年かな、3年で使い物になり、その後の3年で会社に貢献できる(30代/男性/正社員/独身)
  • 一通り経験を積めたといえる期間だと思うし、別の場所で自分の力を試してみたくなるのがだいたい5年後ぐらいだと思うので。(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
  • 3年くらい同じ会社にいるとその会社が自分に合っているかどうか判断するのに十分な材料が揃う。(20代/女性/無職/既婚)
  • 年間を通してみないと把握できないことがあるのは事実。しかし、「最低3年以上」という考え方は時代遅れだと思うからです。(20代/女性/個人事業主/独身)

回答を見ると、経験を積んである程度の力がつく最低ラインが3年程度と言えそうです。3年でその会社での自分の適正の判断をでき、5年勤務すれば落ち着いて次のステップを考えられるという意見もありました。見方を変えれば、3年で社員として役に立つようになり、5年以上の勤務でやっと会社に恩返しができるようになるのだと言えます。

1年という回答をした人は少なく、若い世代が中心です。1年では何も身に付かないと考える人がほとんどですが、適正がなければ転職してもよいというフランクな考え方もあるようです。

長く勤めたいのにできない現実がある?

ひとつの会社で経験を積みキャリアとして役立てるには、最低でも3年~5年の年数が必要だと考えられ、さらに10年勤務しなければ仕事が身に付かないと回答する人が半数近くにのぼっていました。転職に対する抵抗感が薄れてきているかと思いきや、腰を据えて働くべきという堅実な人が多いようです。

回答した人のなかには、いい環境で働けるなら長く勤めたい、終身雇用が一番良いという安定志向の人が多く見られました。転職について前向きに捉えられる時代ではあるものの、就職する以上は一定の年数を勤め上げてスキルを高めることは大切と言えそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事