自分に合ったライターのお仕事の探し方とは?

2016/12/21
自分に合ったライターのお仕事の探し方とは?

家の中で時間を気にせずに働ける仕事を探している人も多いのではないでしょうか。妊娠・出産などで一時的に休職していたり、副業でお金を稼ぎたかったりする人を中心に、在宅ワークは人気の仕事形態となっています。在宅ワークにはたくさん種類があり、資格や知識を必要とするものも多く含まれます。そこでおすすめなのがライターの仕事です。WEBライターは未経験者を歓迎しており、実務経験やスキルがなくても気軽に始めることができます。需要の多い仕事のため募集も多く出ているので、気になる仕事をすぐに見つけることができるでしょう。それでは早速、在宅ワークやライターの仕事について詳しく見ていきましょう。

クラウドソーシングで食べていけると思う?気になる在宅ワークの収入を調査!

仕事と一口に言っても、本業や副業、アルバイトなど、さまざまな形態があります。クラウドソーシングを利用したWEBライティングの仕事をする人の中にも、隙間時間にお金を稼ぎたい人や、副業として生活費の足しにしたい人などもいることでしょう。その一方で、クラウドソーシングでのWEBライティングを本業にしたいという人もきっといるはずです。しかし、そこで気になるのは、WEBライターだけで生計を立てられるかということです。もしも生計を立てられるくらいお金を稼ぐことができたら、WEBライターの仕事を始めてみたいという人は多いかもしれません。クラウドソーシングの仕事で生計を立てられると思うか調査したアンケートの結果を参考にみてみましょう。

クラウドソーソングで生計を立てられると思いますか?

ライターとして生計を建てられますか?

【はい】の意見

  • 提供されている仕事がかなりあるので、可能だと思います。(50代/男性/無職)
  • いくつかのクラウドソーシングをかけもちすることや文章力を鍛えることで可能だとは思います。(30代/女性/契約派遣社員)

【いいえ】の意見

  • さすがに副業以上をやろうと思ったら難しいと思う。数をこなすには時間に限りがあるし、仕事の単価をあげるしか道は無いと思う。(30代/女性/専業主婦)
  • 生活費がどれぐらい掛かるか解りませんが、すごいど田舎でもない限り10万円前後だと生活できないと思います。(40代/男性/自営業(個人事業主))

クラウドソーソングでは生計を立てられないと考える人が多いという結果になりましたが、アンケートからわかることは、募集されている仕事案件は多いようなので、やり方によっては生計を立てられる可能性が高いということです。クラウドソーシングサービスを提供しているサイトにいくつか登録したり、案件数をこなしたり、または単価の高い案件を手に入れたりすることで、月に10万円以上を稼げるかもしれません。もしも15万円から20万円程度をコンスタントに毎月稼ぐことができたなら、クラウドソーシングでの稼ぎを柱として生活をすることができるのではないでしょうか。

求人募集がたくさん。未経験可経歴不問でも必要な最低限のライティングスキルとは?

クラウドソーシングでの仕事の中でも、とりわけ多くの人が始めやすいライティングの仕事ですが、間口が広いというだけで誰彼構わず仕事を始められるわけではありません。極端な話、日本語を習っている途中の小学生や外国人留学生などは、ライティングの仕事を始めたとしてもほとんどお金を稼ぐことはできないことでしょう。WEBライティングにも必要最低限のスキルというものがあります。最も重要な要素のひとつとなるのは、誤字・脱字のない正しい日本語を書くことです。また、述語が主語に対応していない文章や、「てにをは」を正しく使いこなせていないものは、作成した文章を納品したとしても受け付けてもらえないでしょう。

ライターは実績が命。自己PR方法

クラウドソーシングでのWEBライティングの多くは単価報酬制をとっており、高単価の案件を手に入れるためには実績が重要となります。基本的にクライアントはライターの顔を見ることができず、ライターの実力や人間性を直接知ることはできません。そのため、クライアントはそのライターが今までどういった活動をしてきたかの実績を重視する傾向があります。もしもWEBライターとして活躍したかったり、生活できるだけの金額を稼ぎたかったりするなら、ライターとしての実績をアピールする必要があります。クラウドソーシングのサイトの中に自己PR欄があるのなら、可能なかぎり空白がないように全てを埋め、自分の得意分野や今までどのような仕事に携わってきたかをPRする文章を魅力的に書くことで、クライアントの興味を引くことができます。特別ライターとしての実績や経験がない場合でも、専門分野を持っていればそれをアピールすることで、その分野の文章を欲しがっているクライアントは惹きつけられるでしょう。

まだ間に合う!1週間で実績を作る。多様なジャンルが魅力のクラウドソーシングの仕事とは

すぐにでも実績を作ってお金をたくさん稼ぎたいというモチベーションが高い人は、いくつかのクラウドソーシングサイトに登録し、タスク案件をこなしていきましょう。小さな案件でも1週間、毎日、数をこなしていけば、WEBライティングの仕事のコツがわかってきますし、続けていくことでWEBライティングへのやる気をアピールすることができます。今回は、ライターの仕事を見つけるのに使い勝手が良い大手クラウドソーシングサービスの3社をご紹介します。

ランサーズ
http://www.lancers.jp
WEBライターだけではなく、デザインやプログラミングなどWEB上で行える多くの仕事を提供しています。会員数も多く、仕事を依頼するクライアントの数も多いです。

サグーワークス
https://works.sagooo.com
ライティングやアンケートなど、書くことに特化したサービスを提供しているサグーワークスは、自分ができる仕事を簡単に見つけることができるわかりやすいサイトの作りになっています。仕事をしていくうちに経験値がたまり、レベルアップしていくというシステムになっているので、ゲーム感覚で仕事を楽しめます。

クラウドワークス
https://crowdworks.jp/
ランサーズと同様、多様なジャンルの仕事を提供しているクラウドワークスは、クライアントと直にやり取りができるので、未経験者でも専門知識を持っていれば交渉次第で単価を上げることができるかもしれません。

クラウドソーシングで生計を建てることもできる?

WEBライターの仕事では、実績や信用がないため未経験者が稼げる額は経験者に比べて必然的に低くなる傾向があります。そのため、駆け出しのWEBライターがクラウドソーシング上の仕事で生計を立てるのは困難かもしれませんが、実績を作ったり交渉したり、またはWEBライティング能力検定を受けたりすることで案件の単価が上がり、短時間でもお金をたくさん稼げる可能性は高くなります。書くことが好きな人や在宅ワークを探している人は、副業としてWEBライターになるだけではなく、本業としてWEBライティングの世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年12月01日~2016年12月08日
■有効回答数:100サンプル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ノート編集部

WRITTEN BY在宅ノート編集部

こんにちは。在宅ノートはひとりひとりに合った働き方を応援するメディアです。働き方についてさまざまな悩みを取り上げ、情報を発信しています。

icon-twitter-square @zaitaku_note 

あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事