収入は多い?少ない?現役webライターに聞いてみた

2016/12/21
webライターの収入は多いの?少ないの?現役webライターに聞いてみました。

通勤にうんざりしていたり、住んでいるエリアでは仕事が見つからなかったりと、自宅でお金が稼げる在宅ワーク仕事を探している人は近年ますます増えてきています。特に収入につながるような資格や経験がない人でも比較的簡単に始められるwebライターの仕事は、在宅ワークという考えが広まるにつれてますます需要が増えていっています。そこで、webライターの仕事に就きたい人は読んでおきたい、現役webライターの経験談を紹介します。

初心者歓迎って本当?未経験でもwebライティングの仕事は本当にできるのか

webライターの仕事をしたいと思っても、文章を書く経験が乏しい人にとってはなかなか一歩踏み出せないことが多いかもしれません。そこで、未経験でもライティングの仕事ができると思うかをアンケート調査してみました。

未経験でもライティングの仕事はできると思いますか?

未経験でもライティングの仕事はできると思いますか?

【はい】の方

  • ライティングは経験だと思うので、初めてでも努力次第だと思います。(30代/男性/契約派遣社員)・最初は簡単な仕事から始めて、慣れたらいろいろなジャンルに挑戦していったらいいから。(60代/女性/専業主婦)
  • コツコツ経験を積むことが大事だと思います。(40代/男性/自由業・フリーランス)
  • 自分も未経験からのスタートでした。言葉遣いやマナーをある程度勉強し、人生経験を積んだ人の方が記事が面白くなると思います。(30代/女性/自由業・フリーランス)
  • 未経験者や初心者でもがんばれば稼げる仕事なのでいいことだと思います。(30代/女性/パートアルバイト)

【いいえ】の方

  • どうやって仕事を進めて行けば良いのかわからないからです。(40代/女性/自営業(個人事業主))
  • いきなりのド新人では難しそう(30代/女性/パートアルバイト)

アンケートの結果では、圧倒的に未経験者でもライティングの仕事をすることが可能だという意見が多く寄せられました。webライターになる前は新聞記者や物書きではなくても、ライターとして活躍できると考えている人は多いようです。むしろ、前職が文章を書くことを生業とする職業ではない方が、webライティングの世界では強みになるかもしれません。例えばアパレル系に勤めていた場合、ファッションや服飾などのジャンルに対する専門知識が豊富なため、その分野の文章をより魅力的に書くことができるでしょう。また、コツコツ経験を積むことが大切という意見からうかがえるように、ライター初心者はいきなり長文の案件を狙うのではなく、100文字や250文字などの比較的短いタスク案件を多くこなしていくことがポイントとなります。少しずつ精進していくことで、実績と実力がついてくることでしょう。

ここだけの話、収入はどのくらいですか?

【webライター】webライターは副業として行っていますが、自営業である本業があまりにも暇で収入がないので(泣)、かなり集中して毎日ライティングの仕事をしています。そのため、毎月15万円以上は平均して稼いでいます。しかし、これはあくまで平均で、本業が忙しいときはだいたいその半分くらいになりますね。時給に換算すると1,500円から1,800円くらいです。私はタッチタイピングができるので、書くスピードは早い方だと思っています。収入には満足しています。ひとり暮らしで十分食べていけますし、1日だいたい4〜5時間働けば、あとは本業に時間を割くことができます。

収入を増やすには何をすればいいですか?

【webライター】webライティングの世界は一種独特であり、時給でお金が支払われるわけではなく、ひとつの完成された文章に対してお金が支払われる単価報酬制になっています。今まで経験したバイトは全て時給制だったので、ダラダラ働いたとしても、ものすごく忙しかったとしても給料は同じでした。しかし、webライターの仕事では文章の単価を決めるのは文字数であり、ひと文字いくらの値段設定となっているため、ひとつの文章でしっかりお金を稼ぎたいなら、集中して仕事をする必要があります。仕事中にテレビを見たり漫画を読んだりすることがないように、極力仕事部屋からは気が散ってしまうような魅力的なアイテムを排除して、ミニマリストのような部屋で作業をしています。

また、webライティングにはさまざまなジャンルがあり、金融系や医療系など専門的な知識を持っている人を歓迎しているものもあります。専門的な文章の単価は高くなるので、ライターとして実績があまりなくても専門知識があればお金を稼ぐことは比較的容易になります。収入アップを狙っているなら、書くこと以外の知識を持つと強みになります。私の場合、教育の仕事に就いていた時期があり、また英語ができるので、教育系や英語学習系のライティングを売りにしています。

今まで文章を書いたことが無いのですが、未経験でも大丈夫でしょうか?

【webライター】学校の作文と大学のレポートぐらいでしか文章を書いた経験がない私でも、今ではライティングの仕事で生活しています。なので、無責任に聞こえるかもしれませんが、webライターの仕事は未経験でも大丈夫です。世の中にはたくさんのクラウドソーシングサービスがあるので、まずはいくつか登録して実際に体験してみてください。実績がなくても取り組めるタスク案件が豊富にあります。

ただし、クラウドソーシングでは、いきなり定期的に高単価の仕事が舞い込んでくるということはありえないです。実直にタスク案件をこなし、締め切り前には必ず納品し、クライアントからのアドバイスを真剣に受け止めることを繰り返していく中で、だんだんといい仕事に出会えるようになります。ここで言ういい仕事とは、効率良く稼げる仕事というだけではなく、自分の専門分野や興味があるフィールドの仕事のことです。いい仕事はいい文章を作り、さらに次にいい仕事に巡り合わせてくれます。未経験者は初めから高望みをせずに、コツコツ努力することが大切です。

webライターになりたい!どうやったらなれるでしょうか?

【webライター】webライターになる近道は、クラウドソーシングサービスに登録して、実際に仕事をしてみることです。クライアントが文章を承認すれば、10円でも100円でもお金は手に入れられます。webライティングでお金を稼いだその瞬間から、もうあなたはwebライターを名乗れるでしょう。まずはどんなに小さな案件でもいいので、実際に文章を書いて納品してみてください。そこから全ては始まります。

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年12月01日~2016年12月08日
■有効回答数:100サンプル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事