webライターの仕事はきつい…そう思ったのはどんな時?

2016/12/21
webライターの仕事はきつい…そう思ったのはどんな時?

在宅ワークの新たな形として注目されているwebライターの仕事ですが、良いことばかりではなく、ときには辛いと感じることも多いようです。そこでアンケートをもとにwebライターがきついと感じる瞬間を考え、どんな対応策があるかを解説していきます。

ライターの仕事をしていてつらかった経験を教えて下さい。

ライターの仕事をしていてつらかった経験を教えて下さい。

アンケートにより、ライターの仕事でつらいと感じる瞬間にはいくつかの種類があることが分かりました。
まずは体調面や生活リズムに関するつらさです。

  • 自宅で仕事できるのですが、生活リズムが崩れて朝起きられなくなったことです。(30代/女性/自由業・フリーランス)
  • 仕事の納期がせまっている時に体調を崩してしまったことです。(20代/女性/学生)

ライター業は家でできるというメリットが大きい一方で、生活リズムが乱れやすいデメリットもあります。また、体調を崩したときに仕事ができず収入が減ってしまうのも深刻な悩みでしょう。
自分のスキルに関する回答も多く見られました。

  • 自分の得意とするテーマがなかなか見つからなかったり、規定の文字数が多くて、うまく記事が書けなかったこと。(50代/女性/パートアルバイト)
  • 文字が浮かばない時。なかなか書けない時。(30代/女性/専業主婦)

どんな仕事でも不調はあるものですが、webライターでは仕事が滞ってしまうと生活に影響が出る場合もあるので不安が募ります。
収入面でプレッシャーを感じる人もいるようです。

  • なかなか目標の金額にならないことが辛いです(20代/女性/学生)

大量に案件をこなせなければ生活ができない、そんな思いを抱いているライターも大勢いるのです。

ライターの仕事に必須な2大必須項目(納期と連絡)

ライターとして生計を立てるだけでなく、やりがいを感じながら仕事ができるようになるためには、ライターに求められている大切な条件を知っておくことです。少なくともこれだけのことを押さえられればライターとしての信用は得られると覚えておきましょう。
まずは『納期を守ること』です。あらゆる仕事において納期は重要な要素ですが、webライティングの世界でも特に納期は重要です。なぜなら、クライアントが提示したテーマやターゲット層はあくまでその時点でのリサーチに基づく内容だからです。納期どおりに記事を受けて発表しなければ時期を逃し、効果を得られなくなってしまいます。そのため、『遅れてでも提出さえすればいい』という考え方は通用しないのです。
次に気をつけたいのは『連絡をこまめにする』ことです。もしも納期や仕事内容などで少しでも疑問点や不安を感じたら連絡をすることをおすすめします。クライアントさえ気づいていなかったミスがあるかもしれないからです。また、分からないことを分からないまま放っておいて的外れな記事を仕上げるよりも、最初に疑問点をつぶしておいたほうがクライアントからの印象が良くなります。納期と連絡、この二点を心がけましょう。

ライターたるものスケジュール管理は必須!身体を大切に!

ライターの生活ではスケジュール管理が重要です。そしてこのスケジュール管理には二通りの意味があります。
まずは、仕事のスケジュール管理です。ライターとして生活している人の多くが並行して複数の案件を手がけています。副業としてライターを行っている人も本業との兼ね合いに頭を悩ませることでしょう。仕事同士のバッティングを防ぎ、余裕を持って仕事をするためには正確なスケジュール管理は必須です。手帳やwebカレンダーなどを有効活用して、漏れのないスケジュールを計画しましょう。
次に日常生活のスケジュール管理です。ライターの生命線ともいえるのが時間の確保です。とにかく執筆の時間を確保できなければ仕事を行えないからです。しかし、だからといって深夜に執筆したり家事と同時進行で仕事したりしていては生活リズムが狂いますし、健康にも悪影響が出ます。日常生活と仕事量を正しく分析しながら、執筆が自然と生活のサイクルの一部になるようなスケジュール管理が理想です。つまりは、早寝早起きして健康的な生活を心がけることこそがライターとしてステップアップする秘訣なのです。

ライターとしてこまめにメールチェックを。クライアントとの良い関係を築こう。

ライター業を在宅ワークに選んだ理由として多くの人が『文章を書くことが好きだから』と答えるでしょう。もちろん、文章を楽しむ気持ちはライターには不可欠です。しかし、仕事として成功するには社会人として求められるビジネスマナーや習慣を身につけることも同じくらい大切なのです。
たとえば、メールチェックです。仕事のメールが数日前に届いていたのをチェックしていなかった、という経験はありませんか?納期が命のライター業にとってメールチェックの遅れは致命的になることもあります。そして、クライアントからしてもこまめに連絡が取れる人と一緒に仕事をしたいと考える傾向があります。メールの文章にも気をつかうようにしましょう。冒頭は相手の名前と『お世話になっております』の挨拶から始まっているでしょうか。最後に『以上、よろしくお願いいたします』と自分の署名が入っているでしょうか。会社員ではないからこそ、個人で仕事をしているwebライターは自分で注意してビジネスマナーを修得することが求められています。クライアントに気持ちのいいイメージを持たれて良好な関係を築く努力をしましょう。

きつい仕事もライターとしての経験になるはず!でも無理は禁物

難しいテーマを請け負ってしまったとき、納期が短いのに大量の仕事を任されてしまったとき、投げ出してしまうのは簡単です。しかし、その前に一度だけ考えてみましょう。もしかすると難しいテーマをやってみることによって文章力やリサーチ力が鍛えられるかもしれないのです。また、短い納期で仕事を間に合わせればクライアントからの信頼は増すでしょう。ライターにとってのピンチはむしろチャンスであり、きつい仕事ほど自分を成長させてくれる可能性を秘めています。ライターとしての幅が広がれば、どんな仕事でもまるで得意分野であるかのようにこなしていくことができます。そして生活に困らないだけの収入をライター業だけで稼げるようになります。
しかし、努力と無理を混同しないこともまた大切です。あまりにも無茶な条件の仕事を請け負って自分を安売りしても将来のためにはならないでしょう。また、無理がたたって体調を崩したり仕事を落としてしまったりしては意味がなくなります。あくまでも時間と健康と相談しながらライターとしてステップアップを目指すことが肝心です。

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年12月01日~2016年12月08日
■有効回答数:100サンプル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたに合った働き方がきっとみつかるはず!

"クラウドソーシング"に関する記事

"はたらく"に関する記事